ジェルダン・シャチリがネビル兄弟らの批判に反論

以下は、本日(7/26)のリバプール・エコー紙の記事です。 <br>■ジェルダン・シャチリがネビル兄弟らの批判に反論 <br>ジェルダン・シャチリリバプール入りが発表された後で、世の中は賛否両論に沸きました。その中で、目立ったのが元チームメートのチャーリー・アダムの批判と、ガリー&フィルのネビル兄弟の批判でした。 <br>チャーリー・アダムの方は、昨季のストークの降格シーズンで、シャチリが期待に応える活躍をしなかったことがストークの降格をもたらしたかのような含みを持っていました。 <br>いわく「ビッグ・プレイヤーと言われている選手たちが、(ストークの危機に際して)立ち直れるような活躍ができなかった」。 <br>これに対して、シャチリは反論をしました。「僕の(ストークでの昨季の)記録が証明していると思う。僕はチームのトップ・スコアラーだったし、アシストでもトップだった。これ以上、言う必要はないと思う」。 <br>「それは誰もが知っていることだと思う。僕自身は、他の人々が言うことに耳を傾けて悩む必要などないと思っている」。 <br>そして、ネビル兄弟の方は、W杯の時\xB4

詎法淵轡礇船蠅離好函璽唎任虜魑┐砲弔い董法屮▲鵐繊Ε廛蹈侫Д奪轡腑淵襦廚如屮繊璽爐砲箸辰読毀祥澄廚犯稟修靴泙靴拭\xA3 <br>それに対して、シャチリは「彼らはマンチェスターユナイテッド出身だから、たぶん、リバプールのことは好きではないのだろうと思う」と、ジョークっぽく笑いました。 <br>「僕はよくはわからないけど。好かれることもあれば、好かれないこともある。僕としては、知らない人の言っていることについてコメントするつもりはない」。 <br>そして、シャチリユルゲン・クロップの意見だけが重要だと主張しました。「リバプールに入れてとても嬉しい。以前に、移籍の話が没になったことは知られている話。その時に、僕は本当にリバプールに入りたかったが、事情により(※バイエルンミュンヘンが手放すことを拒否したため)かなわなかった。でも、今はやっとリバプールに入れた。」 <br> <br>