「残念」「あまりに不自然」天空の城に白いコンクリ 補強工事に不満の声 大分県竹田市 ( 歴史 )

「残念」「あまりに不自然」天空の城に白いコンクリ 補強工事に不満の声 大分県竹田市

9/12(水) 10:52配信

台風で壊れた岡城跡の基礎部分を補強するために施されたコンクリート大分県竹田市

 滝廉太郎作曲の「荒城の月」のモデルとして知られ、今年の「日本の城ランキング」で5位に選出された大分県竹田市国史跡「岡城跡」で、石垣の基礎部分に施された白いコンクリートが「名城にはあまりに不自然」と不評を買っている。工事主体の市教育委員会は「風水害で崩落した岩盤補強のために必要だった」と説明するが、地元商店街などからは「もう少し景観に配慮してほしかった」と不満の声が上がっている。⇒【画像】岡城跡の基礎部分を補強するために施された白いコンクリート 市教委文化財課によると、補強したのは城中心部近くの門「西中仕切」の石垣を支える岩盤。高さ約15メートル、幅4〜8メートルにわたり、白いコンクリートが打ち込まれている。2014年10月の台風19号により、岩盤が幅約9メートル、高さ約4・5メートルにわたって崩落。岩盤上の石垣に被害はなかったが、宙に浮いた状態で長期間放置すると崩落の危険性があるとして、専門家の意見を踏まえ補強することにした。文化庁からも事前に許可を得ており、工事は17年12月末に完成した。 地元の「竹田町商店街振興組合」の\xB0

貎佑蓮崟亞世世韻両訐廚之粉僂鯊臉擇砲靴討④燭里法∅鬚ぅ灰鵐唫蝓璽箸❹爐Ⅸ个靴砲覆辰道椎亜﹆ど詎鷲ⓜ廚世❶¬槊¤燭覆い茲Δ聞Ò廚❹任④燭里任呂覆いʔ廚範辰后▷,海譴紡个掘∉渦櫃蓮崟亞世鮗蕕襪燭瓩砲呂海諒鑫,靴ǂ覆ǂ辰拭廚叛睫澄▷屬弔訌陲ⅺ④咫⌆縮未縫灰韻ⓘ佞韻仆硃垢北槊¤燭覆唎覆襦廚箸靴匿靴燭塀ど賡Ä槪呂靴覆な鍰砲世❶∩蠹槪了驒屬❹ǂǂ訃紊法△匹猟瓚挂槊¤燭覆唎覆襪里ǂ睇堝Õ世澄▷_ⅹ襪亙玄8機\xCA1185)年に築城されたとされる標高325メートルの山城。「天空の城」と人気を呼んでおり、旅行情報サイト・トリップアドバイザーが実施した「日本の城ランキング2018」では5位に選出されている。上位は姫路城(兵庫県姫路市)などで、天守閣など城郭がない城跡ではトップだった。