なんとなくもまた重要なメッセージです。

おはようございます、CeciliaEtsukoです。

私は先日シャンタンさんが城島で行ったワークショップに2日間、参加してきました。

まず結果から言うと、

やっぱり今回が私のタイミングだった。

2日間共に参加して良かった。

マインド(頭)ではとりあえずディクシャギバーになる必要性は感じていなかったけれど、ハート(心)は最初からディクシャギバーになる事を決めていた。

ディクシャギバーになる必要性を実感するために、このワークショップに参加した。

ということです。

ワーク1日目よりもさらに2日目のワークが私にとって大切でした。

2日目は緊張感が取れたのと、初日のワークのおかげで浄化されたせいか、皆さんエネルギーが軽くていい感じ〜

キャーキャー

ワーワーはしゃぎながら、

ゆるゆる瞑想してました

そして私はいくつかの気づきがありました。

まず私は他人に任せたり委ねたりすることが苦手だと再確認しました。

他人に負担をかけてしまうのが嫌で、いつも遠慮してしまうクセがある。

また他人に任せて変なことになると嫌なので任せられない。

でもそのワークの中で体験したのは、

他人に委ねてみたら気持ち良かった。

そして他人が自分に委ねてくれたら、それもまた気持ち良かったということ。

そして私は心からの悦びを体験するためにこの世に生まれて来たのだと実感しました。

心からの悦び。

そう、名前とは意図して付けられた物だということ。。

心から悦ぶ子。

それを感じたら、魂が震えて涙が出てきました。

その後身体を動かしながら、そして声も出しながら瞑想状態になるワークをした時には、私が過去世でやっていたであろうことを思い出しました。

私は歌を唄って神に祈りを捧げていた

インドのガンダルァェーダみたいな感じです。

ふとそんな記憶が浮上してきたと思ったら、涙が溢れて来ました

涙で声が震えてしまう。

過去世の自分に気づいた嬉しさなのか、

魂が震えて涙が次から次へと溢れ出す。

涙を流すこと

それは溜まっていた感情を解放すること。

涙を流すこと

それは魂の浄化。

まさかゆるゆる瞑想をして自分の過去世を思い出すとは思いませんでした。

私にはこの体験が必要だったのだ。

だから今回ここに来たんだ、きっと。

ディクシャギバーになろう。

休憩タイムにお話した人も、私の背中をひと押ししてくれた。

Youヤっちゃいなよ〜

って。(笑)

この軽さが心地いい。

そして私もめでたく、

ディクシャギバーになりました

こうして一歩ずつ、

私は自分のやりたい仕事に向かって進んでます。

なんとなく

やってみたいこと。

やった方がいいですよ。

なんとなく

根拠はなくても、

それは魂からのメッセージです。

ゆるゆる瞑想

この瞑想をすることで身体のこわばりが取れ、奥深くに溜まった未消化の感情などが浮き上がって来て、浄化しやすくなるのかも知れないですね。

もしそのチャンスと興味があったら、

なんとな〜く参加してみるといいですよ。

ワーク自体、面白かったから

LoveandLight