中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第3回)は10月19日(金)開催〜 - 東京23区のごみ問題を考える

環境省 平成30年10月12日

中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第3回)の開催について

1.日時 平成30年10月19日(金) 15:00〜17:002.場所 大手町サンスカイルーム E室    (東京都千代田区大手町2丁目6番1号 朝日生命大手町ビル24階)3.議題(予定) (1)プラスチック資源循環戦略(素案)について(2)その他4. 傍聴の手続 公開に関する具体的な取扱いは、以下のとおりですので、傍聴を希望される方は、これに沿って必要な手続等を行ってください。(1) 傍聴希望者は、10月17日(水)12:00(必着)までに傍聴希望者ごとに電子メールにてお申し込みください。(申込みは電子メールのみとさせていただきます。)なお、件名を「プラスチック資源循環戦略小委員会傍聴希望」としていただき、氏名(ふりがな)、所属、住所、電話番号を御記入の上、plastic@mri.co.jpまでお申し込み下さい。

詳細は〜

環境省のHP、中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会の資料公開はまだだが、、、報道各社には、事前に情報提供したのだ、、、、

報道各社、「レジ袋有料化を義務付け」、中央環境審議会小委員会「プラスチック資源循環戦略」の素案に盛り込むと報じているので、、、新環境大臣、本気で取り組むのかな? トランプ大統領にまで「日本や中国からの漂着ゴミに不満」と言われてしまって、、、

これまでの、容器包装リサイクル法の改正論議の中でも、目標や規制を課す議論にはとてもならなかったが、、、やっと外圧で一歩前進の環境省、いまや世界中が日本の遅れた取り組みに注目なので、、、もっとも、、容リ法は、環境省よりも、経産省農水省の力が大きいので、、、、、

「プラスチック資源循環戦略」第2回は傍聴の抽選に外れてしまった〜さっそく申込をしたのだが、傍聴者は関係事業者がビッシリなので、、、事業者優先なんだか、、また抽選外れる可能性あり、、、

プラスチック資源循環戦略小委員会